2018年

6月

11日

③フィラリア症検査とは??

血液検査にてフィラリアの有無を確認します。

多くの子にとってはフィラリア症の予防を安全にスタートするための検査です。

万が一フィラリア症検査で陽性と出た場合、予防薬を与えると大変危険です。

 

昨年の薬が残っているからと検査をせずに投薬するのも危険な場合があります。

当院で行っているフィラリア症検査は2種類です。

1】ミクロフィラリア検査(簡易チェック):採取した血液中のミクロフィラリア(フィラリア幼虫)

   の有無を調べます。顕微鏡を使い目視で判断します。

2】抗原検査(精密検査):採取した血液中の抗原(体内に入って成長したフィラリア成虫が出して

   いる成分)を検出します。検査キットを使います。

 

蚊の出る地域にお住まい、お出掛けで、1年以上フィラリア症予防をしていない場合は感染が疑われるので抗原検査が必要です。

 

 

また、これまでの予防が不安、投薬を忘れた月がある、ペットの体調不良(下痢・嘔吐・予防薬の

吐き出しなど)で薬が吸収できていない、など、ご心配な方は獣医師にご相談下さい。

2018年

6月

08日

②フィラリア症を予防するには??

投薬にて予防することができます。

予防薬は体内に入ってしまったフィラリア幼虫を駆除するものです。

フィラリア幼虫が心臓に達するまで(12ヶ月の間)に駆除するもので

一カ月に一度の投薬が必要です。

 

・予防期間:蚊を見てから一カ月以内にスタートして蚊を見なくなった後に最終投薬です。

この地域では5月中旬~11月中旬が目安です。

ただし、その年の気候、お住まいの地域、お出かけ先、によって異なります。


・予防薬の選び方

 

お薬の種類は大きく2つ

【1】皮膚に直接つけるスポットタイプ

【2】チュアブルやビスケット状の食べるタイプ

また、フィラリアの他に「ノミ」「マダニ」「お腹の虫」も

一緒に駆除できるタイプのお薬もあります。

●ペットの好み

●何を予防したいのか  

に合わせてお選び頂けます。

 

年に一回投与する注射薬もございますが、副作用などの観点から当院では扱っておりません。

 

※毎年、予防をスタートさせる際には、フィラリア症検査(採血)が必要な場合もございます。

 

次回はフィラリア症検査についてです。

2018年

6月

08日

①フィラリア症とは??

 

蚊を介してフィラリア(犬糸状虫)が犬から犬へと感染して起こる病気です。

 

 

フィラリア(犬糸状虫)は寄生虫の名前です。

・症状:初期(はじめの6カ月)ではほとんどみられません

⇒それをすぎると⇒・軽い咳・運動をいやがる・食欲があるのに痩せる

・毛づやがない、かゆみ、脱毛など

⇒さらにすすむと⇒・呼吸困難・お腹に水がたまる(お腹が膨らんで見える) など

 

・治療:軽症の場合は内科的な薬物療法ができますが、急激な容態の悪化など薬物療法が

 不適正な場合は外科手術でフィラリア成虫を取り出します。

 

※治療をして体内のフィラリアを取り除くことが出来ても寄生されたことにより心臓や血管、肝臓、腎臓などに後遺症が残る場合があります。後遺症が残った場合、心臓病などに対する継続治療が

 必要となります。

 

フィラリア症にならないためには予防が大切です!!!

 

次回はフィラリア症予防についてです。

2017年

10月

05日

犬猫にとって危険な野菜と果物

実りの秋。食欲の秋。

食べるの大好き!!な私にとってはとても嬉しい季節ですが、

愛犬にとっては危険なものもあるので注意しなくてはいけません。

 

気になって調べてみたら、動物にとって危険な野菜や果物がたくさんありました。

その数ある中から自宅の冷蔵庫にあったものをピックアップしました。

ご参考になれば幸いです。

 

[ネギ類]

有毒部位:全草(特に球根と葉)

症状:胃腸の不調、貧血、赤い尿など

[アボカド](果実が大きいグアテマラ系が最も危険)

有毒部位:果実(特に未熟果)、種子、葉

症状:下痢、嘔吐、呼吸困難など

※死亡のおそれあり

[トマト]

有毒部位:全草

症状:よだれ、食欲不振、胃腸の不調、下痢、眠気、

行動変化、脱力感、瞳孔散大、心拍数・血圧の低下など

[ぶどう]

有毒部位:全株(ドライフルーツを含む)

症状:嘔吐、食欲不振、下痢、腎臓障害・排尿減少など

※死亡のおそれあり

 

参考・参照:

◎『人もペットも気をつけたい園芸有毒植物図鑑 (著)土橋豊』

◎ペットフード事件簿https://petfood.7pot.net/ng_food.html

 

2017年

7月

21日

犬猫にとって危険な植物

私達を和ませてくれる植物も毒になることがあるそうです。

 

 

以前、愛犬が散歩中に葉っぱの先を舐めたり銜えたりしたことがありました。

気になりネットで調べると毒を含む植物があることを知りヒヤリとしました。

以来、植物を口にしないよう注意していますが、

植込みに肥料がおいてあったり、葉っぱに毛虫がついていたり、農薬を散布していたり、など

間接的な被害にも注意が必要だと感じました。

 

犬猫にとって危険な植物は数百種以上と言われています。

有毒植物に触れたり、口にすることで、

皮膚炎、下痢、嘔吐、痙攣、呼吸困難などをおこしたり、

強力な毒や大量摂取によって死に至ることもあるそうです。

また、有毒植物を活けていた水も危険な場合があるそうです。

 

万が一口にしてしまった場合は、「すぐに受診する」

受診が無理なときは、「獣医師に連絡し指示を仰ぐ」など、

早急な対応が必要とされます。

 

 

野菜や果物も犬猫にとって毒になるものがあるそうです。

食物アレルギーをおこす可能性もあり注意が必要だと言われています。

こちらに関しては、別途ブログで取り上げたいと思っております。

ご近所で見かけた危険な植物の一例です。

左:ツツジ科ツツジ属

全木に毒を含む。葉と蜜に含まれる成分により嘔吐、下痢、よだれ、痙攣、除脈、昏睡など。

死亡の恐れあり。

 

中:ウコギ科ヤツデ属

葉に含まれる成分により嘔吐、下痢など。

 

右:ウコギ科キヅタ属(アイビー)

葉と果実に含まれる成分により皮膚炎、嘔吐、下痢など。 

続きを読む

夏季休業のお知らせ

  8/22 (水) ~ 24 (金)

 

上記の期間を夏季休業とさせていただきます。

お迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

受付時間

午前9:oo〜12:30

午後16:30〜20:00

 

12:30〜16:30は手術・往診の時間となっております。緊急対応はお受けでときない場合がありますのでご了承ください。

 

 

 

2018年

6月

11日

③フィラリア症検査とは??

血液検査にてフィラリアの有無を確認します。

多くの子にとってはフィラリア症の予防を安全にスタートするための検査です。

万が一フィラリア症検査で陽性と出た場合、予防薬を与えると大変危険です。

 

昨年の薬が残っているからと検査をせずに投薬するのも危険な場合があります。

続きを読む

2018年

6月

08日

②フィラリア症を予防するには??

投薬にて予防することができます。

予防薬は体内に入ってしまったフィラリア幼虫を駆除するものです。

フィラリア幼虫が心臓に達するまで(12ヶ月の間)に駆除するもので

一カ月に一度の投薬が必要です。

 

・予防期間:蚊を見てから一カ月以内にスタートして蚊を見なくなった後に最終投薬です。

この地域では5月中旬~11月中旬が目安です。

ただし、その年の気候、お住まいの地域、お出かけ先、によって異なります。

続きを読む

2018年

6月

08日

①フィラリア症とは??

 

蚊を介してフィラリア(犬糸状虫)が犬から犬へと感染して起こる病気です。

 

 

フィラリア(犬糸状虫)は寄生虫の名前です。

続きを読む