当クリニックについて                Tel 03-5654-9215

クリニック院長のご挨拶

院長: 河内 章佑 (かわうち しょうすけ)

 

出身地:東京都 足立区

 

略歴: 麻布大学獣医学科 外科学第一研究室卒

    平成21年4月~平成25年3月 梅島動物病院勤務

    平成25年4月 新小岩ペットクリニック開院

 

    

こんにちは、院長の河内章佑です。新小岩ペットクリニックには2つのコンセプトがあります。

1つ目は、通いやすい動物病院であることです。当クリニックでは、爪切り、耳掃除、肛門腺しぼりなどを日常的に診察の一環として行っていきます。全身のチェックをしっかりさせていただくことで病気の早期発見につながることはもちろん、このような日常的なケアのために気軽に病院に通っていただくことに非常に重要な意味があるからです。人と違い、動物たちは自分の意思で病院に来ることができません。また体調が悪くても、伝えることができないため、わずかな変化に気付いてあげる必要があります。そのため定期的に来院していただき、お家で気になることをよくご相談させていただくことで、病気を見逃さず、早期発見、早期治療につなげていきたいと思います。

2つ目は、飼い主様と協力して診断、治療を進めていくということです。近年、獣医療域においても診断技術、診断機器の向上により、病気を正確に診断できるようになり、治療に関する選択肢も増えてきています。当クリニックでは診断を行うための検査や治療を可能な限り、お手伝いしていただきたいと思っています。積極的に検査や治療に参加していただくことで、結果を聞くだけではわからない部分がご理解いただけることや、治療を選択していくうえでのご相談がより内容が濃く、納得のいく選択ができると考えているからです。ご希望があれば入院治療をしている子にご飯をあげにきていただいたり、手術の立ち会いも可能ですのでご相談ください。

このようなコンセプトを持ちながら新小岩ペットクリニックは、この街のペットとそのご家族のためにあり続けたいと思います。

休診のお知らせ

  5/29(火) 午前休診

 

都合により休診とさせていただきます。

お迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

受付時間

午前9:oo〜12:30

午後16:30〜20:00

 

12:30〜16:30は手術・往診の時間となっております。緊急対応はお受けでときない場合がありますのでご了承ください。

 

 

 

2018年

6月

11日

③フィラリア症検査とは??

血液検査にてフィラリアの有無を確認します。

多くの子にとってはフィラリア症の予防を安全にスタートするための検査です。

万が一フィラリア症検査で陽性と出た場合、予防薬を与えると大変危険です。

 

昨年の薬が残っているからと検査をせずに投薬するのも危険な場合があります。

続きを読む

2018年

6月

08日

②フィラリア症を予防するには??

投薬にて予防することができます。

予防薬は体内に入ってしまったフィラリア幼虫を駆除するものです。

フィラリア幼虫が心臓に達するまで(12ヶ月の間)に駆除するもので

一カ月に一度の投薬が必要です。

 

・予防期間:蚊を見てから一カ月以内にスタートして蚊を見なくなった後に最終投薬です。

この地域では5月中旬~11月中旬が目安です。

ただし、その年の気候、お住まいの地域、お出かけ先、によって異なります。

続きを読む

2018年

6月

08日

①フィラリア症とは??

 

蚊を介してフィラリア(犬糸状虫)が犬から犬へと感染して起こる病気です。

 

 

フィラリア(犬糸状虫)は寄生虫の名前です。

続きを読む